令和4年八女支部研修会

令和4年1月22日、令和4年支部研修会が開催されました。

当初の予定では「おりなす八女」にて開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今回の研修はZoomにて開催されることとなりました。

講師は内野茜先生でした。

急遽、Zoom開催に変更となり、その準備で大変忙しかったと思います。

内野先生お疲れ様でした。

テーマは「改正相続法について “近年の改正と今後の相続登記義務化“」についてでした。

内野先生は司法書士も兼業されておられますので、この内容に関しては専門的な知識をお持ちであり、また司法書士会での研修内容も披露いただき、大変意義のある研修となりました。

相続登記義務化に対し、私たち行政書士がどれくらい関われるのか大変貴重なご意見を頂きました。

令和6年4月まであと2年2か月!

その市場規模が数十倍、数百倍に広がる可能性があります。

ビッグバンです!

法務局の方が戦々恐々としているというお話は興味深いものでした。

もちろん行政書士は相続登記には関わることはできません。

しかし相続登記以外、相続人・相続財産調査、相続関係図作成、遺産分割協議書作成など多岐にわたって関わることができます。

司法書士の先生方と協力し、このビックチャンスを逃さないよう準備をしていけたらと思います。

改めて内野先生お疲れ様でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA